23歳独身女性バスガイドの不倫について思う事

私は、不倫の結果生まれた。
愛人の子ですらない。
母は既婚者の男と不倫し、その性行為の結果生まれたのが私だ。

避妊くらいきちんとしておけ、といいたい。不倫なんだから。
それなのに生でやってバカみたい。
おかげで私は父がいない娘として育ち、シングルマザーの家庭で成長した。

母子家庭の何がいやって、母親が私は苦労しているのよアピールを常にしてくることだ。
本当にウザイ。

だから私はさっさと家を出たかった。
高校を卒業したあとは、バスガイドに就職し、会社の寮に入った。

そんなわけで、私は不倫が大嫌いだ。
そういうことをする女も男も両方、嫌い。虫唾が走る。
彼氏は浮気をしたとたんに問答無用で別れてきた。

不倫って浮気だから。
ホントいい大人が、ふらふらとして情けない。

私は一度も父に会ったことがない。
顔すら知らない。母は写真も見せてくれなかった。

会ったことがない父は、私の精子提供者でしかない。
遺伝子上の父でしかない。
これじゃあ、試験管ベイビーとなにも変わらない。
むしろ、試験管ベイビーのほうがいいかもね。
表立ってるし、仲間もいるだろうし
なにより父の遺伝子が優秀なはずだからね。

私の性格がやさぐれているせいなのか、誰と付き合っても短期間で恋は終わる。
最近、気付いた。
認めたくないけれど、親子関係と恋人関係は似てしまう。
だから虐待をされて育った人は、恋人に暴力をふるうようになるし。
それと同じ理屈で、私は恋愛をしているのかもしれない。

なんてことだ。

これに気づいたときは、最悪だった。

そして気づいたきっかけは、前の彼氏だった。
その人は私と同じような家庭環境の人だった。
境遇が似ていることで意気投合し、お互いの欠けているを舐めあうかのように愛した。
そして別れた。

そのあとに気付いたのだ。
恋愛と親子関係の相関図に。

自分の好き勝手にしたら、それで悲しむ人がいることを知らなければいけない。
だから不倫って、ダメだ。

56歳既婚男性会社経営の愛人体験日記

私がいつも通うクラブには若くて気立てのいい娘がたくさんいます。そこで私が一番気に入っているのが美佐子ちゃん。ピッチピチの24歳。自分で言うのもなんですが、私は相当な女好き。特に若い娘には目がありません。なのでこの美佐ちゃんもどうしても手に入れたかった。あのピチピチナ若い体をなんとしても眺めたかったし抱きたかった。私は欲しいものは必ず手に入れます。手段は選びません。その子に多額の寄付をし、プレゼントもたくさん買い与え愛人にさせました。

愛人にしてからは度々会社に呼んでは、若い体を隅から隅まで眺め、恥ずかしい格好をさせて体の奉仕をさせています。この美佐ちゃんね、おとなしそうな顔してますけど実はすごく変態なんです。変態の私が言うのだから間違いありません。恥ずかしい格好をさせて私が体を眺めているだけで、下半身を濡らし感じ始めるんですよ。そりゃもうたまらないですよ。あんなことは妻にはできませんね。それに若いので肌の質が違います。まるで水がはじくように触れると私の指を跳ね返すあの弾力。少し触れただけで敏感に震えるかわいい声。すっかり私は美佐ちゃんの虜ですよ。

この関係を続けるには結構な費用が掛かりますが、そんなの安いものです。だってこんなに私を満足させてくれるんだから。この体が果てるまで、これからもずっと若い肌に触れていたいですね。

この生活はもうやめられませんよ。ずっとずっと愛人を召し抱えていたいですね。ずっと会社を大きくするために力を尽くしてきた自分へのご褒美です。